NANAKOROBI YAOKI

自由気ままに日常を綴ります

勇姿

障害馬術全国大会
2日間の予選のうち今日は2日目!昨日はまさかまさかのミスで、61人馬中50位という結果。
レースは違えど、上の人とのレベルの違いにただただ圧倒され、観戦しているこっちが悔しくなっちゃった。

"そろそろ結果出さないと"

乗馬歴6年であるからこそ期待値も大きくなって、そんなプレッシャーになることを言った。
感情を表にあまり出さない方だけど、雰囲気で分かった。相当怒ってたな〜( ˙-˙ )

そして今日。
もう後がなくて、ノーミスはもちろん、タイムも狙っていかないと明日の決勝には進めない厳しい状況。2日間の予選結果で、上位37人馬が決勝進出。そのためには、今日挽回するしかなかった。

不安と期待が入り混じった60秒間。
レース序盤から自分のペースを保ち、無事完走。
減点もなく、素晴らしい演技でした。
"さすが我が妹。プレッシャーに強い"
って思ったけど、決勝進出可能である35位とアナウンスが入ったときに涙目になってたのを見て、レース前に私の言った言葉を含め、色々不安にさせてたんだと実感。
毎度毎度感動させられるこの競技だけど、今日は特別。
今日までは予選。明日は決勝。
記録はリセットされるんだから、明日はまた自分のレースをしよう。

 

っていう昨日のつぶやき

 

そして今日

優勝決定戦

 

レース前からこっちが心臓ばくばくよ

握りしめたカメラは手汗がじんわり

名前がコールされて場内に入場

敬礼し、スタート

苦手な第1障害をクリアして次次とジャンプ

勢いが足りないように思ったけど、なかなか順調な走り出しだった

だけど、この競技の難しさが突如目の前に。

レースの後半に差し掛かった時、障害の前で2度の反抗

つまり完走できずにその時点で失権

悔しい

ショックは隠せなかった

色々理由があるんだろうけど相当悔しい

本人もそうだと思う

むしろそれ以上か

 

4日間

障害馬術競技をじっくり観戦して、深みのある競技であること、人馬一体となることがどれだけ難しいことであるかということ、まだまだ妹はこれからということ

しっかり感じ取りました

 

世間は世界陸上で盛り上がっていますが、スポーツとはなかなか良いものですね

何かに打ち込むその姿が美しい

これからも妹応援隊としてサポートしていきます

f:id:elu026:20170813232228j:image

 

elu