NANAKOROBI YAOKI

自由気ままに日常を綴ります

ありがとう

ポンという通知と共に一通のメールが届いた

真っ暗な部屋に光が一点差し込んでる、そんな心情

冷えた足を温かいお湯に入れた時のジーンとする感じ

なんだかこれらに近い感情が溢れた

絵文字の無い、点と丸で区切られた文が数行

それでも相手の感情がスラスラと読みとれた

嬉しかった

ただただ嬉しかった安心もした

ただのメールだけど私にとっては強い絆のように感じた

吐き出したい欲にかられたけどそれは違う

自分の問題だから

でも嘘はつきたくないから素直にそのままを伝える

ありがとう

嬉しかったのあなたの言葉が、優しさが、

ありがとう

 

elu