NANAKOROBI YAOKI

自由気ままに日常を綴ります

意識問題

久しぶりにキャンパスに行った

知り合いに会いたくなかった

でも会ってしまった

会えばお決まりの会話

自分が恥ずかしくて恥ずかしくて

うまく笑えていたかなとか

上手に会話できていたかなとか

色々考えてしまったよ

 

これからは普通の日常が始まる

それがなんだか嫌で

これまでのわたしの事を知っている人に会うのが嫌なんだ

何か変わったか?

いやむしろ何も変わっていない

それが問題なんだね

 

論文を読んでいるとわたしが感じていることはごく一般的なんだと知る

だったら安心っていう風にはなれない

ずっと足踏みしてる

動け動け動けって心では叫ぶけど

鉛のように重い足は上がらない

 

こっちに戻ってくればなんとかなるって思ってたけど

どうもそうではないらしい

環境が変わればいいっていうわけではないんだね

重要なのはわたしの意識らしい

意識問題だ

 

elu