読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NANAKOROBI YAOKI

自由気ままに日常を綴ります

懐かし投稿4

11/09/2016
眠らない街

って聞くとNYCとかドバイとか?思い浮かべますよね。
でもね、ここタンザニアのカハマは本当に眠らなかったですよ。
私たちがアルーシャへ向かうために一泊しなくてはいけなかった、このカハマという街は、夜中から早朝までずーーーーーっとガンガンに曲が流れていて、犬が吠えたり、人が笑ったりともう騒がしい街でした。
「いつ寝てるの、この人たちは」
と誰しもが疑問に抱くでしょう。

若干寝不足ぎみで、アルーシャ行きのバス(今回は大型バスです)に乗車!
ここでビックリポイント!
大型バスなんですけど、2列2列が一般的ですよね?
でもね、こちらでは2列3列が一般的らしく、、wぎゅうぎゅうでした。
足元がキュッとなって、これ絶対エコノミー症候群になるなと思うほど。
途中下車や乗車の方々がいて、時間をかけて進みます。その時間はなんと11時間ちょい。
長かった。
途中で生きているチキンをバスに持ち込む強者がいて、そのチキンをしっかり掴んでなくて、逃げようとして、バタバタと。
怖すぎると、人って声が出なくなるんですよ。
めちゃくちゃビビっている私を見て、笑うタンザニアの人々。
「もう!!!」

道中色々ありましたが、無事にアルーシャ到着しました!カハマと同様にアルーシャでも凄まじい客引きが!その客引きを華麗にかわし、お目当の宿に。
そこに辿り着く途中に偶然に、その宿のシェフ会い、案内してもらいました!
そこでサファリに参加したいんだよねーとボヤいたところ、「いいところ紹介するよっ!」って。
本当かな〜?と半信半疑な私たちは、話だけ聞きに行くことに。
紹介された会社は、日本人の中でも好評で有名なところでした!社長は本当にいい方で、学生プライスにしてくれましたよ!(一泊二日でNgrongro, Lake Manyara+ダルエスサラームへのチケット込みで400ドル)ちょっと予算オーバーでしたが、いろんなケアをしてくれたので十分この価格で妥当でした!

サファリも決まったことですし、今日はゆっくりしようということで、ホテルにあるレストランでアフリカ来て、初めてのしっかりした夕飯を食べました!美味しかった。

明日からはサファリツアー!
また朝早いけど、念願サファリのためなら全く苦ではありません!!!!!