NANAKOROBI YAOKI

自由気ままに日常を綴ります

アメリカ大統領選

先日2016年11月9日(日本時刻)に歴史的に注目されるであろう、アメリカ大統領選がありました。

お昼過ぎには結果が出るといわれていたにも関わらず、結果が出たのは16時以降でした。

それほど票開票に時間がかかったようですね。

注目となったのは、女性初の代表として注目を集めていたヒラリー・クリントン氏と、過激な発言で注目を集めてたドナルド・トランプ氏の戦いだったからでしょう。

この選挙は、両者ともに支持率が低く、均衡していたのが特徴です。

結果から申し上げると、共和党代表のドナルド・トランプ氏のが勝利を収めました。

過激な発言や、人種、ジェンダーにおける差別的言動もあり、多くのメディアを含め人々は彼の当選を予想していませんでした。

私も同じです。彼がアメリカの舵を取るなんて、誰が想像できたでしょうか。

正直、アメリカが好きな私はショックを受けました。がしかし、決まってしまったものはしょうがないです。今では、アメリカ本土の各地で反トランプデモが起きています。混乱はしばらく続くでしょう。

しかし、いまわれわれがしなくてはいけないのは、政治に関心を持ち、彼の発言に反応を示すことだと思います。

私は日本人ですが、将来アメリカにわたることを考えています。だからこそ、他人事ではないのです。

また、この一連の出来事を通じて、民主主義の恐ろしさを知ることができました。

アメリカ大統領選は毎回注目度が高いです。若い学生でも、どの党の誰がいいという明確な意見を持っています。

果たして、日本はどうでしょうか。

政治のことは難しいです。選挙の仕組みも分からない方も多くいると思います。

しかし、それだからと言って参加しなくて良いわけではないのです。私たちが意見を表明することが、国を発展させ、日本を作りあげていくのです。トップに立っている人たちだけに舵を取らせてはいけないと、強く思いました。

日本人として、今一度立ち止まり、政治に目を向けようと思います。

 

elu